高血圧の改善は薬に頼るべき?

高血圧の改善は薬に頼るべき?

食生活の改善や運動の取入れなどで改善できるレベルの方は、薬を用いずに自力で治していくことをオススメします。

 

しかしながら、いますぐ高血圧を下げる必要があったり、あるいは食生活等の改善だけでは効果が薄かったりするという方は、薬による治療が必要になることもあります。

 

薬と言えば降圧剤が一般的ですが、降圧剤の中にも種類があり、その人の症状に見合ったものが処方されます。それでも、その薬が自分に最も適した薬であるかどうかは使ってみなければならず、また適した薬が見つかるまでに時間がかかることもあります。そのため、最初の内は色々な種類のものを試すこともあるということを理解しておきましょう。

 

ここで今一度確認しておきたいのが、降圧剤はあくまでも一時的に数値を下げることを目的にした薬であり、根本的に高血圧を治癒する力は持っていないということです。

 

高血圧による合併症の発症率を下げるために、一時的な処置を施すべく開発されたのです。そのため、降圧剤によって高血圧が一時的にでも下がったら、そこからは食生活の改善や運動の取入れが必要となってきます。

 

また、高血圧をいくら下げたいからと言って定められた量以上のものを飲むことはしないでください。場合によっては、むしろ反対の効果が現れてしまうこともあります。

 

特に、降圧剤は長期間での服用が多くなります。そのため、飲み忘れたり降圧剤に対する意識が甘くなったりということが起きやすくなります。使用する際には、自分が飲んでいるものが薬であり、適した使い方をしなければ意味がないということを頭に入れておきましょう。

 

また、ときには治療の最中に他の病気になってしまい、薬を併用することも出てくるかもしれません。そういうときには、医師に相談して相性をしっかり確認するようにしましょう。

 

高血圧サプリ第1位はこれ!